デリケートゾーン(陰部)のかゆみについては、乾燥など大したことのない事がほとんどですが、希に婦人科の受診が必要なこともあります。

それは、膣入口にヨーグルト状のものが付着して、おりものも白いボロボロとしたカッテージチーズのようなものであったり、手で陰部を触ると手に白いものが付着する、陰部がひび割れのようになっている場合。

もしくは異常なまでのかゆみやむくみ・腫れ・赤いブツブツや痛みを伴うなど症状はさまざまですが、数日経っても症状が治まらない時は、市販薬には頼らずます婦人科を受診しましょう。

女性の陰部にもタムシ!?有効な市販薬はある!?

デリケートゾーン(陰部)の外陰部に白癬菌が増殖するとタムシ。足に増殖すると水虫と呼び名は変わりますが、白癬菌は全身のどこにでも繁殖する可能性があります。

特に、おりものには異常がないので市販薬を塗ってしまいがちですが、自己判断で市販薬を塗るのは悪化させる可能性があるので控えた方が無難です。

症状は、とにかくかゆみが酷く、時には痛みを伴うこともあります。その他にむくみや赤いブツブツ・色素沈着によって“ひび割れ”のように見えることもあります。

白癬菌は感染によって発症しますが、感染しても発症しない人もいます。

主に蒸れなどによって増殖すると言われているので、ストッキングやガードルやスキニージーンズなど、締め付けるものを着用すると発症しやすいと言われています。

その他にも、善玉菌の表皮ブドウ球菌が減少していると肌バリアが弱まり発症しやすくなります。

陰部のかゆみといえば市販薬の“フェミニーナ軟膏”や“オロナイン軟膏”などもありますが、菌の種類によってはエサとなる可能性があるので、菌の種類を明確にして、菌に合った治療をすることが必要です。

なかなか完治しにくい症状ですが、放置しておくと慢性化したりさらに悪化するので、早急に婦人科を受診しましょう。

 

カンジダ症は常在菌なので治療後は日々のケアが大切

カンジダ症はおりものが変化してニオイやかゆみ、白い付着物が手につくなど比較的症状がわかりやすいです。これは常在菌のカンジダ菌が増殖したのが原因で、疲れやストレス・抗生物質やピルの服用などによって膣内の悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れることによって発症します。

まずは、慢性化や菌の子宮への侵入を防ぐために婦人科を受診、検査&治療を受けましょう。

カンジダ菌は常在菌なので、菌が消滅することはなく再発しやすいとも言われています。日々のケアとしては膣内洗浄は絶対に行わない事は鉄則ですが、膣内の善玉菌のデーデルライン桿菌は乳酸菌の一種なので無糖の植物性ヨーグルトを摂取したり便秘の改善を行うなどが必要です。

その他にも、デリケートゾーン専用のケア商品を使ったり、サプリメントを服用している女性たちもたくさんいます。

真菌と細菌をW抗菌!コラージュフルフル泡石鹸

持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸は医薬部外品で、真菌・細菌の両方の増殖を抑える抗菌石鹸です。抗菌作用はありますが、赤ちゃんのお尻にも使える優しい石鹸なのでおすすめです。
開発に携わった婦人科の医師からサンプルをもらって、使ってみたら良かったー。という口コミもあるので、日々のケアとして安心して使うことができます。

特にデリケートゾーンのトラブルが多い女性は、肌が乾燥して陰部がアルカリ性に傾いていて悪玉菌が繁殖しやすい状態になっているので、日々のケアが重要です。

 

カンジダ症再発防止に人気のサプリメント

カンジダ症の再発に悩む女性に人気のサプリメントは、Amazonから購入することもできます。(レビュー有り)

ドクターズチョイス フェミプロバイオ 30日分 30粒 カプセル

ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー 30日分 60粒 カプセル

 

夏は汗などによる蒸れ、冬は厚着による蒸れなどで雑菌が繁殖しやすい環境になっています。陰部の環境を整えるためには悪玉菌を優しく洗い流しながら善玉菌を守り、さらに腸内・膣内の善玉菌と悪玉菌のバランスを保つことが大切です。

デリケートゾーン用のケア商品やサプリメントでデリケートゾーンの環境を整えて清潔に保ち、いつもスッキリとした爽やかな女性を目指しましょう。