デリケートゾーン用の化粧水をお探しですか?

デリケートゾーンも顔と同じように保湿が必要となれば、まず探すのは化粧水。でも、残念ながらデリケートゾーン用の化粧水というのは今まで見たことがありません。

でも、化粧水の成分で作られたデリケートゾーン用のソープならあります。洗いながら保湿するので洗い上がりは化粧水を付けた後のようにしっとりしています。

デリケートゾーンを保湿する方法

顔と違って保湿するのが難しいデリケートゾーン。でも、デリケートゾーンの皮膚の仕組みを知れば簡単に保湿できちゃう事、ご存じですかー?

まず、デリケートゾーンには善玉菌(表皮ブドウ球菌)と悪玉菌(黄色ブドウ球菌)の2種類の菌が存在しています。

善玉菌の多いデリケートゾーンは、弱酸性で潤いがありニオイやかゆみをあまり感じません。悪玉菌の多いデリケートゾーンは、アルカリ性に傾いていて乾燥肌でニオイやかゆみを感じることが多いです。

そこで、ぜひともデリケートゾーンを弱酸性に保って善玉菌を増殖させたいところなのですが、多くの女性は善玉菌を洗い流してしまっています。

・市販の石鹸やボディーソープでゴシゴシ洗う

・シャワーを勢いよくかける

・ウォシュレットのビデを頻繁に使う

これらの行為の結果、デリケートゾーンが乾燥してニオイやかゆみを感じるようになるのです。

そこで、デリケートゾーンを保湿する方法は、悪玉菌を優しく洗い流して善玉菌を守る事です。

 

デリケートゾーンの善玉菌・悪玉菌の役割

善玉菌の少ない肌が乾燥するのは、善玉菌が保湿成分のグリセリンを作る役割をしているからです。表皮ブドウ球菌は“美肌菌”とも呼ばれていて、汗の成分や汚れを食べてグリセリンを排出します。

逆に、悪玉菌が増殖していると、汗の成分や汚れを食べた時の排出物がニオイの原因になっていて、その排泄物が肌荒れの元となっています。

通常、肌は弱酸性で善玉菌が増殖するはずなのですが、外部からの要因によってアルカリ性に傾き悪玉菌が増殖してしまいます。

肌がアルカリ性に傾く一番の要因は市販の石鹸やボディーソープ。

そこで、その事に気づき始めた女性たちが使い始めたのは「デリケートゾーン用のソープ」なのです。

 

デリケートゾーン用の洗う化粧水

今回おすすめするのが、こちらの商品。
デリケートゾーン用保湿美容液ソープ
アンボーテ





アンボーテは、化粧水の成分のダマスクローズ水を水よりも多く配合しています。

その他にも、オーガニックにこだわって贅沢にハーブなどが配合しされているので、まさに洗う化粧水であり、洗う保湿美容液なのです。

洗いながら感じるしっとり感を体感できるのは、アンボーテならではです。