恋愛依存症・回避依存症・・今まで恋愛をした事がなかったり、恋愛しても上手く行かない、彼氏がいるけど遠くに感じるー、何でだろう?って思ってしまいますよね。いろいろ調べると“依存症”や“潜在意識”“引き寄せの法則”とかなんとか出てきて、余計に難しくなってしまう。

でもその一方で、それほど美人で気が利くわけでもないのに、いつも彼氏が途切れない、いつも幸せそうにしているあの子ー、何が違うの?って思ってしまいますよね。

その違いは、難しい表現の仕方もあるけど、要するに自分で自分の事を好きであるか、ないかー、なんです。

でも、そこで自分で自分を好きになると幸せになれるって分かっていても、そうする事ができないのが、恋愛が苦手な女性の特徴。今回は、どうしたら自分で自分の事を好きになれるのか、とっても簡単な方法を紹介します。

自分で自分のことを好きになれない原因

どうして自分で自分の事を好きになれないのでしょうか。

そのほとんどは、幼少の頃の両親や周囲の接し方によって「自分が愛されていない」と感じ取ってしまったからだと言われています。

いい子でないと愛されない、〇〇ができないと愛されない。だから、今の自分は誰からも愛されないし、そんな自分が嫌いー、なんです。

幸せそうな女性をみると羨ましくなったり、何だかムカついたり、何だか寂しい気持ちになってしまうのは、心の奥にそういった気持ちがあるからです。

でも、それはただの思い込みで、女性は誰もが素敵なんです。

女性は誰だって、素敵なんです。

もちろん、あなたも素敵な女性なんですよ。

 

ありのままのあなたが素敵

誰からも愛されていないと思い込んでいて、自分に自信のない女性はいつも何かを我慢しています。

誰かに迷惑をかけたらいけないから、誰かに笑われたら嫌だから、バカにされたくないし、目立つのは嫌だし・・。だから〇〇しないようにしよう、こんなときはこうするべき、あんな時はこうするべき。

自分で決めたルールにがんじがらめで、何だか毎日が辛くて楽しくないー。

それなら、そんなルールを全部取っ払っちゃえば?って言いたいけど、それが出来ないんですよね。

それはとっても勇気のいること。だって、今までの殻を取っ払うなんて今までやったことないし、考えてもいなかった事ですもんね。

 

まずは、自分の〇〇を好きになる

自分で自分を好きになるためには、まずはハードルを下げて自分の“香り”を好きになるといいです。まずはクサイ自分を好きになるのは無理だから、クサイをいい香りに変える事。

例えば、アソコのニオイをケアするジャムウ石鹸にフェロモンが配合されている恋する通販【ジャムウソープ】デリケートゾーン黒ずみ・ニオイケア美容液【ピンキープラウド】などが自分が好きになる率が高いのでおすすめです。

ポイントは、アロマ系の香りが配合されていてニオイに癒されるから。ニオイは思考じゃなくて直接感情に働きかけるから、何となく明るい気持ちになることができます。そう、何となく毎日が楽しくなって、嫌いな自分が“楽しい”の陰に隠れてしまうんです。

デリケートゾーン用のケア商品のハードルが高い時は、髪の毛にシュッと一吹きでOKのヘアパフュームが手軽でおすすめです。

このヘアパフュームは、男性が好きなお風呂上がりの香りを徹底研究して作られた香りで、自分で香りを嗅いでもいいニオイだし、このニオイを嗅いだ男性はドキドキしてしまいます。

ニオイは実はモテる女性の秘策で、嗅覚は思考ではなく直接感情に働きかけるので効果は抜群。このヘアパフュームは、実はフェロモン香水より売れていて、アンケートによると101人中72人が「いい事があった!」と答えています。

 

自分で自分を好きになるの好きの方向

自分で自分を好きになると、周囲の人たちも自分を好きになるー。これが引き寄せの法則です。もしくは潜在意識でもあるのですが、潜在意識は2階層になっていて、下の階は集合体になって他者と繋がっていると言われています。

だから、彼の浮気を疑えば彼は浮気をするし

彼に嫌われてると思えば、彼はあなたを嫌うようになるし

あなたが自分で自分の事が好きであれば、彼の好きがあなたに向くようになります。

自分で自分のことを好きになると、良い事たくさんあります。もちろん、もう我慢したり無理する事は少しずつやめていく方向なので、まずは手軽に始めることができる自分の香りを好きになりましょう。
Na.de.te(ナデテ)